GTM-N9ML6X5
 
水

​株式会社ヴィータ
天然香料や機能液の成分を微細化し高浸透・長期保持の商品開発は株式会社ヴィータJapan

水溶液・油性分のナノ化で
新たな進化した商品開発が可能です


天然香料・機能液剤のナノ化で
独自のあらたな商品開発が可能です

界面活性剤を使用せず「ナノ化」し、深部に浸透が可能です

 

水溶液や油性分のナノ化技術は、基剤成分の組成を変えないので性能・性質は変化しません。

いままで難題であった多孔質素材に「香り」「機能剤」を長期間にわたり持続、保持が可能です。

 

「自然徐放技術」は、外的な刺激などを与えず自然体で基剤を徐々に長期にわたり自然放出する技術です。この技術は、水分を活用した高技術で有り人体や素材を損傷せず環境にやさしい技術です。

【香りの技術/ナノ化・浸透・自然徐放】多様化拡大する香り市場!香りの素材・商品開発はヴィータ

​​

アロマオイル

天然香料の油性成分をナノレベルの分子にして浸透、噴霧、保持

 

 

​一般的に香料は長期にわたり保持しません。

油性分の天然香料は浸透が難易でありスプレーではノズルが詰りの噴霧が出来ません。

 

NANO混和浸透技術によって、天然香料をナノレベルの分子にして、浸透を高め、長期保持や放出が可能です。

 

いままで不可能だった素材などの浸透が可能になります。

ナノ化香料液剤の活用は、液剤の希釈や香料の濃度具合を考慮すれば新たな素材や商品に利用が可能です。

​抗菌・抗ウイルス

銀イオン水などの機能液剤を

ナノ化して浸透させ効果を高める

 

 

銀イオン水などの機能液剤の主成分は水分です。抗菌・抗ウイルスなど効果の高い銀イオン水などの機能液剤は微細成分でありますが90%以上の水分によって浸透しません。

 

NANO混和浸透技術は、機能液剤内の水分をナノ化することによって浸透しなかった素材などに浸透させる事が可能になり機能剤の効果を高めることが出来ます。

高浸透する銀イオン水.jpg
すべての水溶液や油性分を常温・常圧でナノレベルにして浸透します

すべての水溶液や油性分を常温・常圧でナノレベルにして浸透する

 

基剤の水溶液は成分内の水分によって深部浸透しません。クラスターの水分子を組成を変えず分解してナノ化し不可能だった素材などの浸透が可能になります。

​油性分である天然由来香料を水溶液微細化と同じく成分をナノ化するので本来は浸透しない物質などにも浸透する事が可能です。

独自のあらたな商品や製品開発が可能です

独自の「​自然徐放技術」と「混和浸透技術」で新市場を開拓、独占的に販売可能なあらたな商材の開発が可能です

株式会社ヴィータ「天然香料」「機能剤」を数時間から数年間にわたり保持持続し自然放出する。

「香り」「機能剤」の水溶液化・ゲル化・顆粒化

開発可能な分野

​化粧品、医療部外品、工業製品および素材、農業、食品加工、バイオテクノロジー、医療など

水溶液成分を毛髪や肌に

より深部に浸透させ効果を高める

 

水溶液基剤のナノ化によって浸透しなかった部位まで浸透させる事が可能になります。

 

また油性分もナノ化が可能で水溶液成分と混和して深部浸透する事が可能です。化粧品分野にて今まで不可能であった商品開発が出来るようになります。

化粧品一例

​化粧水、ファンデーション、下地クリーム、保湿液、マスカラ―、香水、育毛・発毛剤、シミ予防、しわ予防など

つやめく肌
医薬部外成分のナノ化で

より深部に浸透させ効果をあげる

医薬部外成分のナノ化で

より深部に浸透させ効果をあげる

 

水溶液基剤のナノ化によって浸透しなかった部位まで浸透させる事が可能になります。

 

また油性分もナノ化が可能で水溶液成分と混和して深部浸透する事が可能です。医薬部外品分野にて今まで不可能であった商品開発が出来るようになります。

医薬部外品一例

​毛染め剤、パーマ液剤、トリートメント、シャンプー、コンディショナー、柔軟剤、入浴剤、水虫治療薬など

建材にナノ化機能剤を

より深部に浸透させ効果をあげる

 

水溶液基剤のナノ化によって浸透しなかった部位まで浸透させ長期保持、自然徐放が可能になります。

 

また油性分もナノ化が可能で水溶液成分と混和して深部浸透する事が可能です。建材などの素材に今まで不可能であった商品開発が出来るようになります。

建材など一例

​防虫加工、浸透協力接着剤、抗菌・抗ウイルス加工、香料浸透材、石材染色、セラミック加工、防腐剤、防火剤など

住宅建築
農作業をする女性たち

農業でナノ化栄養剤を

より深部に浸透させ効果をあげる

 

水溶液基剤のナノ化によって浸透しなかった部位まで浸透させ長期保持、自然徐放が可能になります。

 

また油性分もナノ化が可能で水溶液成分と混和して深部浸透する事が可能です。農業分野にて今まで不可能であった育成開発が出来るようになります。

農業一例

​植物育成剤、食物育成剤、土壌バクテリア育成剤、防虫剤、動物駆除剤、汚染洗浄、長期保存剤、栄養補助剤など

 
GTM-N9ML6X5