GTM-N9ML6X5
 
オリーブオイルの写真

​株式会社ヴィータ

「天然香料」「機能剤」を数時間から数年間にわたり保持持続し自然放出する。

NANO混和浸透技術は

水溶液や油性分の分子微細化による

ナノ化・混和・浸透が基本的な技術機能

数々の機能面を有した技術は

素材や各機能液剤成分とコラボして

新しい新素材・新製品・新商品・新技術への開発になる

1ナノメートル(nm)の
大きさはご存じですか

1m  >1cm  >1mm  >1nm

89_edited_edited.png
images_edited_edited.png

「nmナノ」は、

地球と比較すれば

1円玉くらいの大きさ

地球と宇宙

「ナノ」とは単位を表しています。

「ナノテクノロジー」は、長さを 表しており「nm」と表記し「ナノメートル」と読みます

私たち人間はメートルの大きさを持ち、

髪の毛の太さは60ミクロンメートルほどです

インフルエンザウイルスは100ナノメートルほどです

水素原子が0.1ナノメートルです

ナノテクノロジーでは

原子や分子数個の正確さで物を作り、生活に役立てようとしています
たとえば地球を1メートルとすれば

1ナノメートルとはちょうど1円硬貨の直径に相当します

想像もつかないほどの小さな物を驚異的な正確さで扱う技術がナノテクノロジーです

地球と宇宙

NANO混和浸透技術は

細孔直径3nm~7nm程度にナノ化

成分の微細化によって浸透が難易な素材などに浸透が可能です

微細化された成分が素材に浸透すれば長期間にわたり定着維持放出します

微細化すれば分子の大きな水などの影響を受けにくくなります

NANO混和浸透技術は

分子の結合数を2~3個の分子に変化させ

結合数のみ最小化させて混和状態にする

例えば、水の中に水溶液成分と油性成分を入れると3層になります。

それぞれの成分の分子が湾小化されて見た目は透明になります

​各個々の液体物質の性質や性能に全く変化を与えず

結合数のみ最小化させて「混和」状態にします

水溶液成分ナノ化

 

NANO混和浸透技術は、水溶液成分や油性分を瞬時に分子単位で小さな水分子に分解します。

多孔質素材に対して通常圧力を加えることで水分を含ませることが可能で有りますが、底部まで水分を含ませ落水する事は不可能です。

この技術は、圧力を加えることなく瞬時に底部まで水分を落としてしまいます。

NANO混和浸透技術は、結合分子数に関係なく液体を結合数2~3個の分子に変化させます。

個々の液体物資の性質や性能に変化を与えず結合数のみを最小化し混合や浸透、分解を可能にします。

混和浸透技術よる最小結合液体物質は「水」となり、人体や素材など全く影響が有りません。

水滴

​混和

%E4%B8%89%E5%B1%A4%E3%81%AE%E5%9B%B31_ed
混和浸透技術

​イメージ

%E6%B7%B7%E5%92%8C%E7%8A%B6%E6%85%8B%E5%

​混和浸透技術で水溶性成分と油性成分が混和状態になり、視覚的には透明になります。

​混和状態は、水溶性成分分子と油性成分分子が性能、性質など全く変化せずナノ化状態です。

NANO混和浸透技術の

浸透深度の調整は、希釈や添加量で

素材などに対して浸透深度の調整が可能です

素材や物質を全く損傷させず、水溶液剤などを浸透させる特徴が有ります

密集した素材には隙間が存在しており、水分を拒む物質を無視し

溝空間にスムーズに浸透可能な限界まで誘導する能力を持って居ます

浸透深度の調整は、希釈、添加量により浸透深度の調整が可能です

ブラックマーブル

​浸透​

浸透は
木材や大理石、セラミック、コンクリートなど多孔質素材であれば、
浸透が可能です。

 

天然香料や水溶液、機能液剤など
物質への浸透は液剤の調整などで定着や通貨などが可能

●多孔質素材の上部のみに

 水溶性または油性成分を浸透定着させる

●多孔質素材の中央部のみに

 水溶性または油性成分を浸透定着させる

●多孔質素材にろ過させるように

 水溶性または油性成分を通過させる

●多孔質素材の下部のみに

 水溶性または油性成分を浸透定着させる

●多孔質素材の全体に

 水溶性または油性成分を浸透維持させる

 
GTM-N9ML6X5