GTM-N9ML6X5
 
水溶液の水クラスターを微細化

​界面活性剤を使用せず
水溶液の水クラスターを微細化して浸透します

人体や素材、環境に対し無害で安全です

すべての水溶液を常温・常圧で混和・浸透します

素材物質内に成分などを固定・定着させることも可能です

水はセラミックなど硬質物質には浸透しません。

水クラスターを微細化すれば浸透度が向上します。

そして浸透しない硬質物質などに水が浸透します。​​

混和浸透技術は

細孔直径3nm~7nm程度にナノ化

成分の微細化によって浸透が難易な素材などに浸透が可能です

微細化された成分が素材に浸透すれば長期間にわたり定着維持放出します

微細化すれば分子の大きな水などの影響を受けにくくなります

成分の組成を

変化させず性能性質を維持します

成分の組成を変わらなくナノ化します

当然、その水溶液成分の性能や性質・効果などは変化しません

水溶液と油性分をナノ化し混ぜても各成分の性質が変わらず混和状態になります

水分子の塊(クラスター)は30~100個で存在

それを数個のクラスターに分解します

水クラスターの大きさによって主成分などが浸透しません

水溶液内の水クラスターを分解して微細化する事で浸透する水溶液になります

水クラスター微細化で冷凍しない

零下20℃の冷凍状態に

放置しても凍結が見られない

密閉状態のままで保管した場合、

不凍効果は空気接触を行わない限り有効であるとの結果が得られました。

水溶液の浸透後は浸透しやすい

浸透した素材物質が乾燥しても

浸透機能記憶性能があり水溶液を添加すれば浸透する

浸透させた素材物質(硬質材質含む)が乾燥し水分が認められなくなっても

直接対象となる水溶性液剤・油性液剤を添加することにより浸透機能記憶性能で再び浸透する

水溶液浸透、天然香料浸透

混和浸透技術の特徴
 

◯界面活性機能  

 (細胞分子細分化による界面活性効果で人体・素材などを全く害しない)

◯油性物質の細分化結合の維持  

 (数年保管しても油性液剤が分離せず機能を有し、性能低下が有りません)

◯分子細分化分子浸透誘導機能

 (水溶液分子、油性分子の細分子化で水溶液・油性物質の浸透含浸が可能)

◯浸透媒体への浸透機能記憶性能 

 (浸透物質に浸透液が乾燥後も水性・油性液剤を添加すると浸透機能が回復)

◯生物・化学結合物質の分子分解機能 

 (タンパク質結合組織に当技術によりタンパク質を分離する)

◯土壌及び岩石などへの

     含有物質の溶出・含有溶出促進機能

 (当技術は土壌および岩石・砂粒内の含浸時から分子結合分離を行います)

◯不凍機能     (零下20℃でも凍結しません)

 
GTM-N9ML6X5